メソポレーション(MESONA-J)

メソポレーションとは

『痛みが無く(麻酔の必要なし)針を刺さない注入療法です。』メソポレーションとは『エレクトロボレーション』という技術を使用して肌に薬剤や成分を導入する治療法です。肌に有効な成分を、必要な部位にしっかりと届けるには処置前に麻酔を塗って60分待機した上で注射で注入するのが一般的な方法です。 しかし、何十か所も注射して有効成分注入するのは、内出血のリスクも伴い、痛みもあります。
メソポレーション(エレクトロボレーション)は、電気の力で一時的に細胞に小さな穴(隙間)を開け、そこに美容系の有効成分を入れ、より深くに有効成分を浸透させるので、針を使わずに有効成分を肌深部に浸透させることが出来ます。
「MESONA-J」は美容機器となりますが医療機器で求められている厳しい品質規格(JIS規格、EMC試験等)にも合格している唯一の経皮導入機です。

経皮導入機Mesona-J 3つの特長

①痛みを伴うことなく施術ができます。
ダウンタイムもありません。

②メソポレーション法により、高分子の成分も真皮層まで
大量に導入ができます。

③施術1回目から効果を実感できます。(※個人差があります)
さらに続けて頂くと効果が持続します。

メソポレーション法とは?

特殊な電気パルスにより、お肌の細胞膜に隙間(ポレース)を作り(エレクトロポレーション) 、更に、電気反発力・電気浸透力・物理的押力により、導入剤を傷や痛みを伴うことなく、真皮層まで導入します。

Mesona-J原理

ペン型のプローブで特殊な電気パルスをお肌にあてる事により、親水性の小孔を生じさせるエレクトロポレーション法

ローラー型プローブにより、電気反発力・電気浸透力・物理的押力により、皮膚にダメージを与える事無く、有効成分を痛み無く経皮導入させる導入法

イオン導入との違い

イオン導入ではイオン化する有効成分(ビタミンC誘導体など)を電気の力を利用して肌の内部に浸透させます。そのため、イオン化しない物質や高分子の物質は導入できません。また、導入が表皮から真皮の浅層のみと浅いところまでです。 その一方で、エレクトロポレーションでは電気パルスによって穿孔を開けるため、ヒアルロン酸やコラーゲン、トラネキサム酸、各種ビタミン、ボトックスなどのイオン化できない有効成分も肌の奥深くにしっかりと浸透させることができます。

Mesona-Jの品質規格

Mesona-Jは、高い安全性の実現、厳しい品質規格に合格しています。
・ 安全規格 JIS-T 0601-1 (IEC60601-1:2005)

・ 電磁両立性(EMC) IEC60601-1-2:ed3