電話での再診、処方について

当院では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話による再診、処方に対応しています。直接症状を拝見できないため、処方が症状に合わないなどのリスクも伴いますが、それをご了承された方のみ、電話再診、処方が可能です。

*お支払いは、電話再診から2週間以内に、ご来院の上、窓口にてお願いします。

【対象】
当院へ2回以上通院歴があり、特に症状の変化のない方、いつも同じ薬をもらっている方(1回のみの受診歴の方はご相談下さい)

【方法】
①事前に必要な薬の名前、本数(飲み薬は日数)をリストアップします。
②患者さんがご自身で、処方希望先の薬局が電話再診による処方への対応の有無と、FAXの有無、FAX番号、を確認しておきます。
③電話再診希望の時間にWeb予約を予め取ります。

④続いて入力するWeb問診票に

 Ⓐ症状の推移、

 Ⓑ処方希望の薬の名称、分量(必要日数や軟膏の量など)を記載。

 続いて、問診票の添付ファイルに

 Ⓒ保険証(+該当者は医療証)←これが確認できない場合は診察できません(他人のなりすまし防止のため必須です)

 Ⓓ現在の症状を写した写真、

 Ⓔ薬手帳の画像(表紙の画像ではなく、薬の内容がわかるページです。複数の病院や診療科を受診している場合は、漏れなく添付してください)

を、必ず添付した上で、

⑤予約時間にお電話ください。

⑥患者さんが入力済みの問診票を見ながら、スタッフがいくつか質問をしますので、誘導に従ってお答え下さい。
④診察の合間を診て、医師が電話に出て、処方の可否を判断します。
⑤処方希望先の薬局に、当院からFAXを送ります。薬局にFAXがなく郵送が必要な場合は、診察料とは別に郵送代を頂きます。
⑥処方が出来上がったか確認の上、薬局で受け取ってください。
⑦電話再診に関わる費用(再診料、処方箋料など)は、当院窓口にてお支払い頂きます。
※受診より2週間以内のお支払いをお願いいたします。

横浜駅から京急線の快特で2駅、横浜市金沢区泥亀、京急線金沢文庫駅からすぐ近くの皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科の文庫皮膚科クリニックでは、
しみ、しわ、くすみ、赤ら顔、たるみ、色むら、毛穴の開き、ニキビ痕、くま、AGA、巻き爪など症状に対して、フォトフェイシャル、メソポレーション、CO2レーザー、ピーリング、リジュラン、ボトックス注射、ピアス挿入、光脱毛、爪に穴をあけない巻き爪ワイヤー治療などの美容皮膚科の自由診療や
にきび、いぼ、水虫、巻き爪、円形脱毛症など日常的な皮膚疾患、ほくろ、皮膚腫瘍、花粉症の舌下免疫療法、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、円形脱毛症、結節性痒疹、じんましん、アトピー性皮膚炎、腋窩多汗症に対して、
手術、舌下免疫療法、紫外線治療、じんましんの注射薬(ゾレア)、アトピー性皮膚炎の注射薬(デュピクセント)、腋窩多汗症に対するボトックス注射などの一般皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科の保険診療まで日本皮膚科学会認定皮膚科専門医が幅広く診療しております。

まずはお気軽にご相談ください。