新型コロナウイルスの対応について

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本国政府より感染拡大防止に向けた措置を
適切に運用するよう指示が出ております。
当院の受診を希望される方は下記該当条件の有無をご確認いただき、
該当された場合は、厚生労働省の電話相談窓口、または最寄りの保健所までご連絡の上、
指定医療機関をご受診ください。※国内での状況変化により対応が変わる場合がございます。
同疾患が疑われる場合、当院では充分な対応が困難なため、ご受診いただけません。

【該当条件】

下記の1.2のいずれかにあてはまる方は、当院への受診はせず、横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター(045-550-5530)にお電話ください。

1.下記の症状がある方

①風邪の症状(せき・のどの痛みなど)や37.5度以上の発熱が4日以上続く(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

下記の方は上記①②の症状が2日以上続く場合

 ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある方

 ・透析治療や抗がん剤治療を受けている方

 ・高齢者(65歳以上)

2.37.5度以上の発熱・風邪の症状(せき・のどの痛み)に加えて下記の①~③のいずれかに該当する方

① 新型コロナウイルス感染症と診断された人との接触がある

② 症状が出る14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域※に渡航または滞在した

③ 症状が出る14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域※に渡航または滞在していた人との接触がある

※新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域については、厚生労働省HPの「水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)」をご参照ください。


【すでに当院のご予約をされている方へ】
上記の条件に該当される方は、ご受診いただけません。
※再診で継続処方をご希望の方は、対応を検討致しますので、当院代表番号(045-786-5550)にご連絡ください(皮膚科慢性疾患に関して当院に2回以上の受診歴があり、電話再診のデメリットを了承された方は、受診せずに薬局で薬を受け取れる可能性があります。この場合、電話再診料、薬局への処方箋FAXに伴う通信料がかかります)。

なお、上記に該当しない方であっても、ご来院の際はマスクの着用、咳エチケットの徹底が必要です。

横浜駅から京急線の快特で2駅、横浜市金沢区泥亀、京急線金沢文庫駅からすぐ近くの皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科の文庫皮膚科クリニックでは、
しみ、しわ、くすみ、赤ら顔、たるみ、色むら、毛穴の開き、ニキビ痕、くま、AGA、巻き爪など症状に対して、フォトフェイシャル、メソポレーション、CO2レーザー、ピーリング、リジュラン、ボトックス注射、ピアス挿入、光脱毛、爪に穴をあけない巻き爪ワイヤー治療などの美容皮膚科の自由診療や
にきび、いぼ、水虫、巻き爪、円形脱毛症など日常的な皮膚疾患、ほくろ、皮膚腫瘍、花粉症の舌下免疫療法、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、円形脱毛症、結節性痒疹、じんましん、アトピー性皮膚炎、腋窩多汗症に対して、
手術、舌下免疫療法、紫外線治療、じんましんの注射薬(ゾレア)、アトピー性皮膚炎の注射薬(デュピクセント)、腋窩多汗症に対するボトックス注射などの一般皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科の保険診療まで日本皮膚科学会認定皮膚科専門医が幅広く診療しております。まずはお気軽にご相談ください。